<BARACUTA>「バラクータ」

BARACUTA (バラクータ)は1937年にジョン・ミラー(John Miller)とアイザック・ミラー(Isaac Miller)の兄弟によって、イギリスのマンチェスター郊外のオールド トラフォードにて創業しました。当時画期的だった撥水性と防風性に優れたレインウエアを作ったのが始まりです。翌年の1938年にはバラクータのアイコンであるフレイザー・タータンが生まれました。その後、ジョン・ミラーは英国軍のジャンパーを元に、ゴルフ用のアウターウエアの開発に着手しました。そして誕生したのが、全てのブルゾンの原点と言われる永遠のスタンダードモデル、G9(ジー・ナイン)です。ゴルフの豊富な運動量に対応するラグラン袖、表地は防風・撥水加工を施した生地を使用し、裏地にはレッドをベースにブルー×グリーンが重なったフレイザー・タータンが配されます。またドッグイヤーカラーと呼ばれるチンタブが一体になった襟が付いています。1950年代になるとG9は海を越えてアメリカに渡り、当時のアイビーリーガーにとって欠かせないアイテムとして、絶大な人気を博しました。また1964年にアメリカで放映されたTV番組「ペイトン・プレイス」でライアン・オニール演じる「ロドニー・ハリントン」がG9を着用していたことで、「ハリントンジャケット」とも呼ばれるようになります。そしてエルヴィス・プレスリー、フランク・シナトラ、グレゴリーペックなど映画黄金期のハリウッドスターがこぞってG9を着用したことで大ヒットし、バラクータの人気は絶対的なものになりました。中でも俳優のスティーブ・マックィーン主演の映画「華麗なる賭け」でG9を着用したことは有名です。また、マックイーン自身がカーレースやバイクの愛好家であったことからバラクータを愛用し、彼の素顔を写したブックにはG9を着用している写真が多数掲載されており、そのスタイルは時代を超越したファッションとして今でも語り継がれています。そしてバラクータは今日でも男のマストハブ・ブランドとして、世界中で愛されて続けています。

TOP